古野のブログ

連載開始のご案内 「一歩踏み出せないあなたをエースにする方法」

2019.11.13

日経ビジネス電子版で、11月14日(木)から20回連載します

 

マンガ「宇宙兄弟」でFFS理論を、さらに学んでいただければと…。

 

皆さん、宇宙飛行士を目指す兄弟の奮闘を描いたベストセラーコミック『宇宙兄弟』(小山宙哉著、講談社)を読まれたことありますか?

uchu-kyoudai
先に宇宙飛行士になった弟の南波日々人(ヒビト)は、興味あることなら積極的に動き、夢を直線的に追いかける、典型的な「拡散性」です。

兄の南波六太(ムッタ)は優秀な弟と自分を比べて卑屈になり、いつの間にか宇宙飛行士になる夢をあきらめてしまうようなフツーの人です。

そのムッタが周りの人たちの支えや、持ち前の実行力と発想力で困難を切り抜け、月に行くという夢を叶える物語です。

このムッタとヒビトを中心に、凝縮性の高いブライアン、弁別性の高いビンセント、受容性の塊のシャロン 等々、ムッタやヒビトがどんな取り組みで窮地を脱出したのか、関係構築したのか等々をFFSで解説していくという企画です。

 

日経ビジネスサイドから、今の組織における課題をいただきました。

その課題と『宇宙兄弟のシーン』に照らし合わせて、各因子の表れ方、その具体例、そして、今後の対応策を解説しつつ、アドバイスしていきます。

「宇宙兄弟」をプロデュースされたコルク(代表取締役:佐渡島庸平さん)とのコラボレーションで実現したもので、そのシーンの絵も挿入されていて、わかりやすく仕上がっています。

 

作者である小山さんのストーリーテリングや心情描写は素晴らしく、登場人物の個性が浮かび上がってきます。だからこそ、「あるある」なので、僕は感動しながら、ほぼ毎号涙を流しています。その心情をFFS理論で解説しようとする試みなのでハードルは高いのですが、我ながら〝面白い〟とも自負しています。

 

是非とも、ご覧ください。また、皆さんに広めてください。FFSを日頃活用してくれている現場のマネジャーにも役立つ内容ですので、お伝えいただければ幸いです。

 

尚、フリーで書き込みが出来るため、否定的なコメントをする方もいるそうなので、皆さんの応援が重要になります。よろしくお願いします。

 

感想もドシドシ書いて、盛り上げていただければ幸いです。

 
 

■■■ 日経ビジネスの連載はこちらから ■■■

株式会社ヒューマンロジック研究所 代表取締役

古野 俊幸(ふるの・としゆき)

関西大学経済学部卒。
新聞社、フリーのジャーナリストなどを経て、1994年、FFS理論を活用した最適組織編成・開発支援のコンサルティング会社・CDIヒューマンロジックを設立。
CDIヒューマンロジックのホールディングカンパニーとして、1997年に株式会社イン タービジョンを設立し取締役に就任。2004年4月からインタービジョンの代表取締役に就任。その後、社名変更を経て、現職。
現在まで約600社以上の組織・人材の活性化支援をおこなっている。チーム分析及びチーム編成に携わったのは,40万人、約60,000チームであり、チームビルディング、チーム編成の第一人者である。

A 14  B 10  C 15  D 17  E 4

使命感、決断力をもって、有事に変革を推し進めることを得意とする。組織先導型。

>> FFSとは?

記事カテゴリ

  • 書籍やマンガから「人事」や「組織」を学ぶ!『ナナメヨミ』
  • 1日5分、「4行」の日記が未来を変える!?『4行日記』
  • ヒューマンロジック研究所の社長・古野のつぶやき『古野のブログ』